本文へスキップ
在日本大韓民国民団兵庫県地方本部
〒653-0031 兵庫県神戸市長田区西尻池町2丁目4-30

行事報告

第49回神戸まつり
(5/18兵庫区・5/19メインフェスティバル)に出ました!

 今年も2019年5月18日(土)の第49回神戸まつり(兵庫区まつり)と5月19日(日)のメインフェスティバルに朝鮮通信使パレードを行いました。

 5/18(土)の兵庫区のおまつりでは、民団婦人会本部、韓国伝統芸能のプンムル隊、姫路獨協大学の生徒たちで構成された約50名で神戸市兵庫区の新開地商店街から湊川公園ステージまで行進しました。
続いて、湊川公園はっぴいひろばステージでは、朝鮮通信使の正使から日韓友好に対するメッセージを発信し、楽隊による文化披露も行われました。
 特に兵庫区にある兵庫津は、朝鮮通信使が日本に12回来た内、11回も寄港した縁ある地で、いにしえからつづいている朝鮮半島と日本の良好な関係が続けられるよう、メッセージを伝えました。

 5/19(日)の神戸まつりメインフェスティバルのパレードでは、正使には、駐神戸韓国総領事館の朴起準総領事と民団兵庫の李圭燮団長が扮し、民団兵庫の関係者、韓国伝統芸能のプンムル隊、青年会兵庫県本部、オリニ土曜学校の子ども達と保護者、姫路獨協大学の生徒たち、氷丘中学校のプンムル隊で構成された約100名でフラワーロードから元町の居留地まで行進しました。
 いずれの行進とも、楽隊の先導により、朝鮮通信使の正使・副使を始め、色鮮やかな民族衣装の行進が続き、沿道の観客からは、ひときわ大きな拍手が起こっていました。


(参考)
現在の兵庫区の沿岸地域にあたる兵庫津(ひょうごのつ)は、江戸時代に朝鮮国からの善隣友好使節・朝鮮通信使が来日の際に何度も寄港した地として知られています。
 2007年には、朝鮮通信使400周年を記念して、駐神戸総領事館(当時は神戸事務所)から神戸市に朝鮮通信使(正使・副使)の衣装が寄贈され、現在もその衣装が使われています。       
              



5/18 兵庫区のおまつり


(艶やかな衣装の楽器隊)



(正使・副使)



(参加者の皆さんと)


5/19 メインフェスティバルでの行進


(先頭は、横断幕を持って行進)




(正使-朴起準総領事)




(正使-李圭燮兵庫団長)



(参加者の皆さんと)









在日本大韓民国民団
兵庫県地方本部
クリニック

〒653-0031
兵庫県神戸市長田区西尻池町
         2丁目4-30
TEL 078-642-6303
FAX 078-642-6307
  メールはこちら

  アクセスはこちら




*韓国の在外選挙
⇒こちらから
*栃乃若後援会の解散に関して
⇒こちらから